fbpx

話題のNMNサプリメントって?老化抑制、若返りのメカニズムに関係してる!?

若いまま、健康でいたいと、皆さん思いますよね。老化を抑制するための研究は様々な国や大学でされていますが、近年注目されているのがNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)という成分です。

NMNは年齢とともに少しづつ失われてしまう成分なので、NMNを体内で維持することは、若々しい健康的な体を維持に重要な役割があるのではないかと考えられています。

最近ではNMNが配合された若返りサプリメントとしても販売されているので気になりますよね。

ただ、値段が高いです。

それだけ利用する価値はあるのか?このサイトではNMNサプリメントについて解説しています。

NMNとは?

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)はビタミンB3からつくられる物質で、生物に存在し体内で自然に生成されています。年齢とともに減少することによって、体調に作用すると考えられています。若々しい健康の維持に注目されている成分です。

NMNは体内でNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)に変換され視床下部の生命維持センターに作用し、生命維持に必要な骨格筋、内臓、細胞、ミトコンドリア、血管、神経、応答タンパク(シグナル物質)などに作用しています。

2011年、ワシントン大学教授の今井眞一郎が、マウス実験で糖尿病に劇的な治療効果を上げた、ある物質の存在を世界で初めて報告した。

それからのちに、その物質「NMN」は糖尿病に限らずさまざまな臓器や眼、さらには脳などの老化に伴う症状を改善すると判明する。しかも、不思議なことに、この物質を投与されたマウスの器官は、若いころの状態にまでほとんど修復されていたのである。

参照元:https://wired.jp/2015/02/16/next-world-11/

マウスを使った実験では結果は出ているようなのですが、人間でのエビデンスはまだこれからのようで、安全性、効能を確認する必要がありそうです。

老化抑制の仕組み

サーチュイン遺伝子って聞いたことありませんか?

老化の原因といわれている活性酸素の発生を抑制、免疫細胞をコントロールして、老化の進行を遅らせることができると考えられています。

サーチュイン遺伝子の活性化は空腹やカロリー制限があげられており、空腹を満たしてしまうとOFF状態にもどってしまいます。そのため、サーチュインをONにするには食事量を継続して制限することが必要になります。

でも、おなかいっぱい食べられないのって、つらいですよね、、、

サーチュイン遺伝子を活性化する物質の研究が行われており、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)も活性化するスイッチの役割を果たしていると考えられています。

NADに変換するNMNを摂取すると若返り、老化抑制できるのではないかと期待されています。

NMNサプリメント

NMNサプリメントを調べてみたのですが、3000、9000とかNMNの配合量でも価格が違うみたいです。

コチラのNMMサプリは加齢とともに失ってしまう成分「NMN」のサプリを適正価格で作りたい!という思いからクラファンで支援を募集して製造販売されているようです。

参照サイト:https://camp-fire.jp/projects/view/96888


NMN Sirtuin(サーチュイン)3000 C 安心の国産NMNサプリメント カプセル版 最高純度99.9% NMN3,000mg配合 30日分

 


NMN Sirtuin(サーチュイン)9000 C 安心の国産NMNサプリメント カプセル版 最高純度99.9% NMN9,000mg配合 30日分

アマゾンで検索して一番高額だったミライラボのNMNサプリ


ミライラボ 【 10個セット 】 NMN ピュア VIP 9000 【 新興和製薬 】

10個セットはすごい価格ですが、2015年からNMNサプリを販売しているミライラボの公式サイトではNMNについて紹介されているので参考になります。
【ミライラボ公式ストア】

海外産のNMNサプリ

安いのがないのか調べてみたら、海外産のNMNサプリはすごく安いんですけど、、、この価格なら続けられるかもしれませんが、逆にこれだけ価格差があると大丈夫?と思ってしまいます。

最後に

いかがだったでしょうか?NMNサプリメントについて今回は解説させていただきました。NMNは研究段階ではヒトへの若返り、老化防止が確証されているわけではないようなので、サプリメントを利用するのであれば栄養補助目的と考えた方がよさそうです。

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させるには食生活のカロリー制限が必要になります。食事は腹七分めなど、ムリしすぎない程度に気をつけながら、野菜(NMNが含まれているアボカド、トマト、ブロッコリーなど)を日々食事に積極的に取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

ページ上部へ戻る