頭 痒い、皮脂、フケ 防止 に効くシャンプー おすすめランキング

頭が痒い、皮脂が多い、乾燥してフケがでる、頭皮の状態は人それぞれ違います。肌に適していないシャンプーを使い続けてしまうと、いつまでたっても症状は改善できません。そのため、頭皮の状態に合わせてシャンプーを選択する必要があります。このサイトでは頭皮の状態別におすすめのシャンプーをランキング形式で紹介しています。あなたの頭皮の状態、体質にあっているシャンプーがきっと見つかるはずです。

フケ かゆみ、皮脂に 効く シャンプー ランキング

市販でシャンプーを選ぶ時にCMでよく見かけるから、みんなが使っているから、などの理由で選んでいませんか?その選び方のシャンプーではあなたの頭皮にはあっていません

基本的に市販のシャンプーは泡立ちをよくするために洗浄成分が強いものが配合されています。洗浄成分か強いということは地肌は乾燥し、フケが出て髪はきしみます。それを誤魔化すために、シリコンをシャンプーに配合しているため、頭皮に付着してしまうと痒み、皮脂の原因となります。

市販でもフケ、痒み専用シャンプーは売られていますが、ジンクピリチオンという抗菌成分が配合されています。フケかゆみには効果的なのですが、毒性があるという意見もあるようなので使って安心とは言えません。

毎日使うシャンプーはあなたの肌にあっている成分を選びましょう。タイプ別にシャンプーを紹介していきます。

 かゆみ、皮脂、フケ防止 シャンプー おすすめランキング

頭 フケ シャンプーオススメはこちら▼

【コラージュフルフルネクスト】
みんなの頭皮にいるフケ原因菌の増殖を抑える! 薬用シャンプー&リンス
 フケは頭皮が乾燥している時だけでなく油っぽくなりすぎてもフケが多くなります。コラージュフルフルネクストはフケの原因菌の増殖を抑えられるので、フケ防止に効果的です。

頭皮が油っぽい方は、「すっきりさらさらタイプ」、頭皮が乾燥しやすい方は、「うるおいなめらかタイプ」頭皮の状態に合わせて選択できます。

コラージュフルフルネクストはこちら▼

頭 痒い シャンプー おすすめはコチラ▼

【ハーブガーデン】
【半額モニター募集中】洗うだけでウルッツヤ!100%天然成分シャンプー

天然ハーブウォーターを使用したハーブガーデンは100%天然成分オーガニックシャンプーです。

頭皮のかゆみの原因である強すぎる洗浄成分やシリコンなどの余計な成分を配合していないため敏感肌の方も安心して使用できるシャンプーです。頭皮だけなく髪もきれいになる植物由来の天然成分でツヤのあるサラサラの髪が叶います。

頭 皮脂 シャンプー おすすめはコチラ▼

【コラージュフルフルスカルプシャンプー】
持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプー

過剰な皮脂をスッキリさせてくれるコラージュフルフルスカルぷシャンプーはフケやかゆみにおいの原因になる真菌の増殖を抑制しキレイに洗い流してくれます。乾燥防止として10種類の植物エキスが頭皮環境を整えてくれます。

髪もキレイに伸ばしたい女性におすすめのシャンプーはコチラ▼

【アスロング】
髪を早くロングヘア―にしたいあなたへ「アスロング」

髪と頭皮の悩み、フケとくせ毛を改善するシャンプーアスロングは無添加は肌に優しい成分です。オーガニック成分を高配合し髪に潤いとツヤが蘇ります。髪をキレイに伸ばしたい女性にぜひおすすめしたいシャンプーです。

痒み、皮脂、フケ 防止するシャンプー方法

シャンプーを髪質、頭皮に適しているものに変えても正しいシャンプーができないと、フケ、皮脂、かゆみは改善できません。正しいシャンプー方法を身につけて悩みを改善してください。

ステップ1:髪と頭皮をしっかり濡らす。シャワーの温度に注意してください。温度が熱すぎても、冷たすぎても頭皮の刺激になるので皮脂が余分にでる、乾燥してフケが出る原因になります。温度は37度くらいの適温に設定しておきましょう。髪と頭皮を濡らす時には指の腹で優しくなでながらなじませましょう。お湯である程度の汚れを落とすイメージで流してください。

ステップ2髪と頭皮を泡で洗う。シャンプーはこすって洗うものだと勘違いしている方もいますが、激しく頭皮をこすってしまうと爪で頭皮が傷ついてしまい、フケかゆみの原因になります。髪と頭皮は泡を揉みこむように洗うようにしましょう。泡だっていないと洗えていないと思っていいです。一度のシャンプーでは泡立たないため、軽く一度流してもう一度泡だてください。もこもこの泡が立つはずです。泡を頭皮と髪になしませながら洗ってあげると、ドライヤーで乾かした後に地肌から毛先まで指通りのいいスッキリとした質感が体感できます。

ステップ3:トリートメントは地肌につけない。トリートメント、コンディショナー、リンス呼び名は違いますが基本的な性質は同じです。地肌から毛先までケアしたいと考え地肌につける方がいますが、やめましょう。トリートメントの性質上イオン結合で地肌に張り付いてしまうため、べたっとした脂ぎった頭皮になります。かゆみの原因にもなるので、トリートメントは毛先中心につけましょう。

ステップ4:すすぎはしっかりするシャンプー、トリートメントどちらもすすぎはしっかりしましょう。キレイに流せたかなっとおもっていても、地肌にシャンプーは残っています。指で地肌を優しくこすりながら地肌にシャワーを当ててしっかりすすぎましょう。残っているとフケ、かゆみ、皮脂の原因になります。流す時には背中にも残りやすいので背中にぶつぶつができないように体全体流してください。

ステップ5:ドライヤーでしっかり乾かすフケやかゆみの原因である真菌(かび)は湿度(水)を好みます。そのため、髪を乾かさずに寝てしまうと。菌が繁殖しフケ、痒み、皮脂がでてしまいます。髪を洗った後にはなるべく直ぐに髪を乾かすようにしましょう。

 

正しいシャンプー方法は日常の当たり前のことなのですが、この中で、見逃している部分があれば改善してみてください、フケかゆみ、皮脂の防止に効果を発揮してくれるはずです。

関連記事

分け目 ハゲ 治る?女性がはげる原因と解決策!

わらび 肌 口コミ|わらび は だ いぼ「汗 管 腫」にも効果ある?

ページ上部へ戻る