焼き飯(チャーハン)の作り方-how to make egg fried rice easy

今回紹介するのはおいしい焼き飯(チャーハン)の作り方です。

焼き飯とチャーハンの違いはよく分かりませんが、私は昔から焼飯が好きで、ラーメン屋に行くと必ず焼飯(チャーハン)を注文していたのですが、なかなかおいしい焼き飯を提供してくれるお店に出会えず、唯一、おいしいパラパラの焼き飯が食べられるお店があったのですが、そのお店は閉店してしまい食べられなくなってしまいました。おいしいのに閉店してしまうのはなぜなのか?正直、焼き飯以外のメニューがおいしくなかったからでしょう。

それから、いろいろな焼き飯(チャーハン)をネットで調べて食べに行きましたが、以前好きだった焼き飯には及ばない物ばかりでした。そこで、自分で作ることにしました。いつもカウンターで作り方を見ていたので、作り方は覚えています。

試行錯誤を繰り返し、ついに、美味しい焼き飯の作り方が完成したので、紹介していきます。

自宅でも簡単に作れるのですが、焼飯の作り方は手順が大事!パラパラの焼き飯の作り方を参考にしてください。


焼き飯に使用する食材はシンプルに

今回使用する材料は

・あったかい茶碗1杯分のお米

・卵

・ひき肉

・玉ねぎ

・きざみネギ

となっております。食材は少ないように感じるかもしれませんが、シンプルな方が、べちゃっとならずパラパラに仕上がります。よく焼き飯を作るときには冷たいお米を使用する料理番組を見ますが、お米はあったかいほうが、卵と絡まるのでおすすめです。また、お米を炊く時には少し水を少なめに調節して硬めに炊いておくと理想の焼き飯に近づきます。

ラーメン屋や中華料理屋では一般的にチャーシューを使用することが多いのですが、今回作る焼き飯はひき肉を使用します。鳥ミンチ少し物足りないので、使用するひき肉は、牛、もしくは豚が素材に適してた仕上がりになります。

一度に作る量は一人分、茶碗1杯分のお米を使用すると美味しく出来上がります。

食材を入れるタイミングが重要

コンロに火を付けてフライパンを1分間ほどあたためておきましょう。自宅での調理は少し火力が少ないため、フライパンを温めておくと焼き飯にふさわしい焼きあがりに仕上がります。

フライパンが温まり少し煙が出てきたら、油の代わりに、マヨネーズを使用します。

美味しい焼き飯を作る重要なポイントとして、かき混ぜた卵を入れて卵が固まる前に直ぐお米を入れることです。これで、お米と卵が一粒ずつ絡まり黄金色の焼き飯(チャーハン)になります。

ここまで失敗しなければ後は簡単です。ひき肉を入れるスペースを作って、炒めて、その後玉ねぎを入れて甘みを引き出します。

食材にしっかり火が通るように炒めたら、塩を一つまみ全体に振りかけて、かき混ぜていきます。

最後に火を止めてから、醤油を小さじ一杯入れて味付け終了です。火を付けたままだと焦げてしまいうまみが失われてしまいます。味付けも食材のうまみがあるためシンプルにしておいた方が、美味しく仕上がります。

 

以上がパラパラの黄金焼飯(チャーハン)の作り方です。

動画で詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください。

関連記事

おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ

agaやハゲを病院以外で改善できるものありますか?自宅で薄毛改善!

ページ上部へ戻る