産み 分け ゼリー 効果と使い方を紹介!障害の影響は?

一人目の妊娠の時には元気な子供を授かれればいいと、赤ちゃんの性別を気にしない夫婦も多いと思うのですが、二人目の妊娠を考えた時には、男の子が欲しい、女の子が欲しい、と妊娠する前から、夫婦で相談しあう事も増えるのではないでしょうか?赤ちゃんは授かりものなので、どちらの性別が生まれたとしてもかわいいのには変わりはないのですが、一人目が男の子だったから次に妊娠する時は、女の子を育ててみたいと希望が出てくる事もありますよね。産婦人科などでも産み分け相談でき、産み分けカレンダーをつかって、排卵日を予想して、産み分ける方法など紹介してもらえます。男女の産み分けは100%でありませんが、70%~80%の割合で可能になっています。産み分け方法はそれほど難しくはないので、どちらの性別が生まれてもうれしい、だけど一応試してみるぐらいの気持ちで産み分けをやってみましょう。このサイトでは基本的な産み分け方法について紹介しているので参考にしてみてください。

赤ちゃんの性別は精子の特徴できまる

男性の精子の染色体がXなのかYなのかで、赤ちゃんの性別が決まります。女性の卵子はX染色体のみなのですが、2種類の染色体をもつ男性の精子のどちらが卵子に受精するのかによって、性別は変わってきます。受精した時点でX同士の組み合わせになった時には、XXになるので女の子、受精した時点でXとYの異なる組み合わせになった時には男の子に性別が決まります。つまりは、どの染色体をもった精子が卵子に受精するのかで性別が変わってくるという事です。

X染色体の精子、Y染色体の精子にはそれぞれ特徴があり、理解しておくことで、どうすれば産み分けられるのかを知ることにつながります。

Y精子の特徴(Y染色体は男の子)

・アルカリ性に強く酸性に弱い
・寿命が短く1日だけ
・数がX染色体の約2倍多い
・動きが早い

・少し軽い

X精子の特徴(X染色体は女の子)

・酸性に強くアルカリ性に弱い
・寿命が長く2~3日
・動きが遅い
・Y染色体の約半分の数
・少し重い

女性の膣の入り口は基本的に酸性なので、Y精子は数で勝負しています。なるべく早く卵子にたどりつくように動きが早く作られていますが寿命は短いため、男の子が欲しい場合には、精子の量を多く元気にする必要があるので、亜鉛などは有効です。女の子が生まれるX精子は、数は少ないですが、寿命が長いためそれだけ膣中で生き抜く事が可能で、排卵日と重なりやすく、どちらも同じくらいの確率で妊娠するという事です。ただし、タイミングをずらすことで、男女の産まれる比率は変わってきます。次の項目でもっと詳しく見ていきましょう。

排卵日はいつ?仕組みを知って産み分ける

産み分けを成功させるためには男性の精子の状態だけでなく、女性の排卵日がいつなのか?が重要になります。排卵日には膣の状態が酸性から酸性度が弱まるタイミングで、Y精子は活発に動き回れるので、男の子が生まれやすいとされています。逆に排卵日よりも前に性行為をした場合には、膣内の酸性度が強く寿命の短いY精子は排卵日まで生き残ることが難しく、寿命が長く、酸性に強いX精子が生き残りやすくなり、女の子が生まれやすいとされています。

産み分けサポートゼリーを使う

男の子、女の子の産み分けを成功させるポイントとして潤滑ゼリーを使用してみてください。産み分けをサポートするためのゼリーなのですが、選ぶ時には100%天然成分で、日本制の質の高い衛生面にこだわった安心して利用できるものを選ぶようにしましょう。産み分けサポートゼリーは男の子であればアルカリ性、女の子であれば酸性のゼリーを膣内に入れることで、膣内の環境をそれぞれ適した状態に近づくので、産み分けの確率を高められます
スピーディーな結果で選ばれる【ベイビーサポート】

男の子の産み分け方法

男の子を生みたい場合には、より多くのY精子を卵子に届ける必要があるため、Y精子が活発に活動できる環境を整えることが大切です。ここで紹介した方法を実践することによって、男の子が生まれる確率が上がります。

排卵日に性行為(セックス)をする

排卵日は女性の膣内の賛成濃度が最も弱くなるタイミングなので、酸性に弱いY精子(男の子)にとっては、有利な環境になっています。また、排卵日に合わせることで、寿命の短いY精子が受精する確率が上がります。

3日~5日禁欲して精子の数、濃度を上げる

禁欲をすることによって男性の精子の数は増え濃度が上がります。量が増えることによって、X精子よりもY精子の方が割合として多くなるので、より酸性に弱いY精子が卵子に辿りつく確率が上がります。精子は新たに体内で作られた方が元気なので、禁欲し過ぎるのも受精能力が低下してしまいます。限度としては5日までと覚えておきましょう。また、熱に弱いので、熱い風呂、サウナも避けておいた方がよさそうです。

女性の感度を上げる濃厚な性行をめざす

女性の感度が上がり、オーガズムに達すると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌され、膣内の酸性濃度が弱まるので、酸性に弱いY精子が活動しやすい環境になります。また、膣内の奥で射精することによって、子宮膨大部に近くなるため、Y精子はより早く卵子にたどりつき受精しやすくなります。

産み分けゼリーを使う

男の子の産み分けは潤滑ゼリーで膣内のPHをアルカリに傾ける方法が有効です。国産の天然成分にこだわって作られているので、女性にも、精子にも副作用なく安心です。ゼリーは性行為の前に膣内に注入して使用します。
男の子の産み分けにとことん追求した日本製【ベイビーサポート】

リンカル(リン酸カルシウム)の摂取

リンカルとは鉄分を含む天然カルシウムで赤ちゃんにも安心な成分です。リンカルを服用することで、赤ちゃんの先天性の異常を予防できるのですが、もう一つの効果として男の子が生まれやすいというデーターがあります。リンカルと産み分けゼリーを使用すると男の子が生まれる確率が90%まで上がるので効果的です。

女の子の産み分け方法

次に女の子を産みたい場合も同様にどうすれば、元気なX精子を卵子に届けるのかが大切になってきます。

排卵日の2日前に性行為(セックス)をする

排卵日には膣内の状態が酸性状態が弱まったしまいX精子(女の子)よりも、Y精子(男の子)の方が活発に動きやすくなってしまいます。そのため、女の子を希望するのであれば、排卵日の2日前、酸性状態が保たれている時に性行をするのが重要です。Y精子の寿命は1日と短いため、2日前に射精することで、排卵日には、寿命の長いX精子だけが残りやすく、女の子が生まれやすい状態になります。

精子を薄くして量を増やさない

禁欲をして射精しないでいると、精液は濃くなり、精子の量は増えていきます。精子が増えるとY精子(男の子)が多くなるという事につながるので、なるべく、精子をため込まず3日に一度は射精するようにしましょう。そうすることで精子は薄まり、女の子が生まれやすいといわれています。

淡白なセックスをする

女性がオーガズムを感じてしまうとアルカリ性の粘液が分泌されてしまい男の子が生まれやすい環境になってしまいます。そのため、なるべくあっさりとした性行為をすることで、膣内の環境が酸性に保たれ女の子が生まれやすくなります。

産み分けゼリーを使う

女の子の産み分けは潤滑ゼリーで膣内のPHを酸性に傾ける方法が有効です。国産の天然成分にこだわって作られているので、女性にも、精子にも副作用なく安心です。ゼリーは性行為の前に膣内に注入して使用します。女の子の産み分けは男の子と違いリンカルなど他の方法がないため、排卵日を予想して、産み分けゼリーを使う方法だけになるので、成功率を上げるためには産み分け潤滑ゼリーは重要になります。
女の子の産み分けにとことん追求した日本製【ベイビーサポート】

最後に

男の子と女の子の生まれる確率はどちらも50%なのですが産み分けをすることで、その比率は80%くらいまで上がります。しかし、産み分けをすることによって妊娠をする確率が下がる可能性もあるので、不妊治療をしている方、高齢の方、初めての妊娠を希望する方は、まずは、妊娠ができるのかを知るためにも、産み分けは実践すべきではありません。また、副作用・障害・奇形のリスクが上がることは確認されておらず、産み分けゼリーが原因になることはあまり考えられません。まずは、元気な赤ちゃんを妊娠できる体作りから始めましょう。

話題の妊活サプリcharty women【チャーティ】口コミ評価妊娠したい人をサポート

産み分けは100%の確率ではありませんが夫婦でよく話し合い、協力し合うことが大切です。

【ベイビーサポート】公式ショップはこちら


妊娠出産の関連記事

男性妊活はこちらの記事>マイシード 口コミ|男性不妊に効果的な男性妊活サプリ「マイシード」

女性妊活はこちらの記事>ベルタ 葉酸 サプリ 口コミ!

関連記事

青 汁 を 飲み 続け た 結果は痩せるだけ?

Airペイ|エアペイキャンペーン申し込み!小さなお店に最適な理由

ページ上部へ戻る