速度制限でWiMAX2遅すぎる?アンテナ立たない時の対処法!

毎月のインターネット回線料とスマートホンの使用料を合わせると、月額1万5千円~2万円以上になる人は多いのではないでしょうか?年間にすると多くの方が20万円以上の金額を支払っている事になります。スマホではソフトバンクやau、ドコモなどの大手、通信会社、最近ではスマホ料金を安くする格安SIMの通信会社も多くなってきています。それとは別に、自宅で使用するPC(パソコン)用にフレッツ光などのネット回線を利用しているのではないでしょうか?スマホとPCは今では生活の中では欠かすことのできないツールにまで進化しており、月額の使用料金はかなりの額になってしまいます。しかし、年間20万円以上という金額は高すぎるように感じます。中には30万円以上支払っている人もいると思うのですが、これを月額5千円程に出来たらうれしくないですか?年間6万円です。実はネット回線とスマホ料金はWiMAXを利用することで一つにまとめることが可能になっています。しかし、中にはWiMAX2遅すぎる?速度制限でアンテナ立たないなんて話を聞いたりします。今回はWiMAX2の速度制限でアンテナが立たない時の対処法と効果的な節約方法を解説していきます。

WiMAX2遅すぎる?速度制限でアンテナが立たない時の対処法

最近通信速度特に遅くね?と思っている方もいるのではないでしょうか?そんな時は大抵、動画を見すぎている場合がほとんどです。WiMAX2+の速度制限は3日で10GB以上となっており、動画を見続けると当然ながら速度制限の対象になってしまいます。それを避ける方法として、ワイマックスのwi-fiルーターの中には、通信モードを選択できるタイプがありその中でノーリミットモードを選択すると、速度制限なしでスマホ、PCを快適に利用できます。普通にユーチューブを見るくらいであれば通常と変わらない速度なので、3日で10GBを越してしまいそうな時には、切り替えて乗り越えましょう。

また、アンテナが立たない場合は、速度制限ではなく建物の構造による回線の乱れと考えられます。自宅などではアンテナが立ちやすい場所、向きがありその場所を見つけて窓側においておくとアンテナは立ち電波が良くなります。ただ、PCなどを利用する時にwi-fiルーターが遠すぎると電波が悪くなってしまうため、wi-fiの電波を拾ってくれる中継器を利用すると自宅でのインタネット回線を快適に利用できるので試してみてください。

WiMAX使った節約方法

WiMAXとガラケーで通信料を節約する

WiMAXは持ち運び可能なモバイルルーターでどこでもネット回線を利用できます。ということは、自宅のPCやスマートホンもWi-Fi(ワイファイ)を利用することでモバイルルーターからネット回線を使用でき、一つにまとめられます。PCは分かると思うのですが、スマホも契約をしていなくても、充電さえしておけばWi-Fiを利用できるため、モバイルルーターとスマホを持ち歩いているとインターネットを使用できます。これを利用して、自宅のネット回線とスマートホンの契約をしなくてもWiMAX一つの契約でインターネットは使えます。では、通話はどうするのか?というとガラケーで通話のみの契約をしておくと格安で電話番号を取得できるので、WiMAXとガラケーを組み合わせることで最安でインターネットと通話を使用できるのです。

LINEやアプリは利用できるのか?

気になる点としてはスマートホンを契約していないとLINEで通話やメールができないのではないかと不安になるかもしれませんが、ガラケーを契約することで、電話番号を取得できるため、その電話番号を利用してスマートホンからLINEに登録が可能になっています。操作も特に変わらないので、通常通り使用でき、アプリもwimaxでインターネットがつながっているので普通に使えます。最近は携帯で通話するよりもLINEなどの無料通話アプリで電話をすることが多いと思うので、これらが使えないと、いくらスマホ料金が安くなったとしても変えないですよね。ガラケーはそれほど通話することもないので、基本料金だけで済むという事です。

WiMaxとガラケーの利用料金は?

ガラケーの基本料金はソフトバンクホワイトプランで934円なので1000円もかかりません。かけ放題プランを付けるとプラスで2200円になってしまい、特に携帯で通話をしない人はLINEなどの無料通話アプリもあるので付ける必要はないと思います。WiMAXの利用料金は、契約するプランなどにも異なりますが、3,800円程でギガプランを利用すると4カ月目以降は4,300円程になります。キャッシュバックキャンペーンなどもおこなっており、契約する通信会社によっても利用料金と割引率は異なりますので、いくつか紹介しておきます。

公式サイト【DriveWiMAX2】
・下り最大440Mbpsの高速通信
・携帯性と操作性を両立したサイズ
・料金プランもわかりやすい
・たっぷり使えるギガ放題プランがおすすめ
・月額費用が安いスーパーライトプランの2種類

 

公式サイトKDDIのWiMAX【3WiMAX】

・KDDI回線を使用した新しいWiMAX【3WiMAX】
・低料金月額2,575円
・最短即日開通
高額キャッシュバック28,000円

 

公式サイト【novas WiMAX】

ギガ放題プランで選べる2つのキャンペーン
【月額値引きキャンペーン】:1~2ヶ月目利用料が2,780円、3~24ヶ月目利用料が3,980円!
【キャッシュバックキャンペーン】:現金1万円をキャッシュバック!
 ・端末料金0円
 ・ご利用開始月利用料0円
 ・novas Home+CAをギガ放題プランでお申し込みの方へ「標準アンテナ用延長ケーブル」をプレゼント
 ・novas Home+CAをギガ放題プランでお申し込みの方へ
   通常1年間の端末メーカー保証を2年間に延長する「端末あんしん2年保証」を適用

WiMAX【ワイマックス】のメリット・デメリット

wimaxは無線通信機器なので一台のルーターでパソコン、スマホ、タブレットなど複数端末が利用できる、今までになかった便利なサービスなのですが、無線ならでわのワイマックスを利用するうえでの、良い部分と悪い部分を紹介したいと思います。

メリット

光などの無線LANは固定して、その場から動かせないので、距離があると通信速度が遅くなったり持ち運びが出来ないのですが、WiMAXは小型で持ち運びができるため、パソコンやスマホの直ぐ近くに置けるため、動画などもスムーズに見られます。外出時にも持っていきやすく、どこでも高速インターネットを楽しめるスマートなサイズとデザインも魅力の一つではないでしょうか、最新版のWiMAX2+は無線にもかかわらず、下りの最高速度は440Mbpsとなっており、固定タイプのフレッツ光とそれほど速度が変わらない安定感のある通信速度です。

また、フレッツ光やビビック光のように工事をする必要もなく商品が届いてすぐにネット環境が整います。利用料金も安く、WiMAXを利用することで、節約につながります。通信制限は他の携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では月ごとに3GB,5GBなど通信制限があるのに対し、WiMAXは3日で10GBと通信制限は緩く、以前は通信制限はなかったのですが、契約する人が増えたため平等な通信環境を提供するための対策のようです。

しかし、規制時間があったとしても夕方6時から深夜2時までで、昼間は規制なく使用できます。3日で10GBもそんなに使用することもないので、それほど通信規制は気にする必要はなさそうです。オプションでauのLTE回線を月額(月額1,005円)で7GBまで利用できるので、地方のインターネット環境がまだ整っていない地域でもデーター通信を使えます。

WiMAXはKDDI系列の会社になるのでauを利用しているユーザーに対しauスマホとのセット割が適用され割引額は月額最大934円安く加入できるのもメリットですね。それぞれプロバイダーや販売店で異なりますが、例としては、キャッシュバック28,000円や、端末料金無料、月額料金の割引などのお得なキャンペーンを利用できます。
KDDIのWiMAX【3WiMAX】


デメリット

WiMAXのデメリットとして考えられるのは、まずは、電波の妨げになる障害物に弱いという点です。マンションや一軒家などの生活環境の建物内では通信速度も速く通常通りインターネットを使用できるのですが、電波を遮断するような作りのビル内や地下などでは電波が入りずらい時もあります。また、田舎に行くほど山も多くなるので車で高速の移動中も電波はあまりよくないですね。契約する前には、WiMAXをレンタルすることもできるので、まずは自分が住んでいる自宅や生活圏内の電波がいきとどいているのかを確認して、納得してから契約するようにしましょう。それと、先ほども解説した通信制限についてなのですが、ギガ放題プランで契約していたとしても3日で10GBの通信制限があり、HD動画を1日4時間以上見る場合には夕方6時から深夜2時まで通信速度が遅くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。ただ、ユーチューブなどの動画投稿サイトを長く見る程度あれば画質もそれほど良くないので速度制限はあまり気にする必要はありません。HD動画1時間で1GBだと思ってください。

まとめ

今回は、WiMAXを利用した、節約方法を解説させていただいたのですが、実際に私はこの方法で年間約16万円節約できました。外出する時にはスマホ、ガラケー、ワイマックスは持ち運び、少し荷物になりますが、全て小型なのでかばんに入れておけばそれほど気にはなりません。自宅ではパソコンを使用するのですが、パソコンの隣にWiMAXを置いておけば速度も速く動画もスムーズに見られます。契約する前には、まず気になる機種をレンタルして使用感と電波の入りを確かめました。私の地域は特に問題なく利用できたので、通信速度も速くてとても便利です。通信端末は通信速度をノーリミットモードとハイスピードモードとを切り換えられるタイプと自動で切り替わるタイプとがあるのですが、最新機種は自動で切り替わるタイプが多く、地域によって利用者が多いと通信速度の速いハイスピードモードにしたいのに、通信制限はないけど速度の遅いノリミットモードに自動でなってしまう可能性もあります。WiMAX通信端末は自分でモードを切り替えられるタイプもあり、常に高速インターネットを利用したいのであれば、こういったタイプがおすすめです。また、WiMAXの契約はネットから申し込みをした方が、キャッシュバックや端末無料などのキャンペーンを利用できるのでお得になっています。他メーカーの無線ルーターと明らかに使用感が違うので実際に手にとって体験してみてください。

UQwimax公式サイト】

関連記事

charty women妊活サプリ!

【コスパ悪い!?】kiralaキララ ウォーターサーバー炭酸水口コミと評判

ページ上部へ戻る