格安 sim 速度制限なしで使い 放題! 10 分 かけ 放題プランもお得○

最近話題の格安スマホに変更すると、従来のスマートホンに比べると、月額使用料金が3分の1にまで安くなる可能性があります。安いと問題がありそうに感じますが、実際に使用した感想としてはそれほど違いは感じていません。格安SIM、スマホを選ぶ基準としては、現在使用している携帯キャリアがどこなのかによって異なります。このサイトでは大手携帯キャリア別のおすすめ格安SIMカードとSIMフリースマホで一番安安く使えるSIMカードについて紹介しています。

格安SIMとスマホとは

安スマホと格安SIMは同じ意味のようにとらえられがちですが、実際には格安SIMを装着したSIMフリースマホのことなので、端末の利用料金が格安ということから、格安スマホ、格安SIMと呼ばれるようになっています。最近ではSIMフリースマホだけでなく、携帯キャリア別に格安SIMが利用できるようになっており、通信だけでなく音声通話も可能です。

格安SIMカード、スマホのメリット・デメリット

格安SIMは安くお得なのですが、利用する上で知っておきたいメリット・デメリットがあります。ほとんどの人は格安SIMに変更した方がいいのですが、中には適さない人もいるので、あなたの使用する環境が格安スマホに適しているのかを確かめてください。

メリット

・月額利用料金が安くなる

最大のメリットなのですが、月額利用料金が2,000円程度で利用できるようになります。大手キャリアでスマートフォンを契約すると、月額利用料金は1万円を超えることが当たり前でしたが、格安simスマホに変更すると、年間で10万円近く節約できます。料金が安くなったとしても使い勝手は変わらないので、ほとんどの人が格安スマホの方がお得です。

・月額利用料金がずっと変わらない

格安SIMスマホの月額利用料金は、ずっと変わりません。大手キャリアの場合には、2年縛りの契約で、2年間は各種割引などが使えますが、2年を経過すると、割引がなくなってしまうので、携帯の月額料金は高くなります。格安スマホは、利用料金が変わらないので、長く使用できます。

・プランが選べて契約の縛りがない

最近では、多くのMVNOが提供する格安SIMが増えています。自分の使い勝手に最適なプランの中から選択できるようになっており、もしも合わないなと感じた時には、データ通信専用SIMなので2年縛りもなくすぐに変更できるのもメリットの一つです。

デメリット

・通信環境が不安定

MVNOは基本的に自社で通信設備をもっていないため、大手キャリアに比べると格安SIMの通信速度は遅く、つながりにくいことがあります。利用するMVNOにもよりますが、ほとんどの人にとってそれほど気にならない程度なので、格安スマホを利用して節約するメリットの方が大きいように感じます。

・電話料金が高くなる

格安SIMの通話代が30秒20円程となっており、大手キャリアよりも通話料金が高く、よく電話をする人は、格安SIMにも10分かけ放題のプランもあるので選択しておきましょう。最近では、無料通話アプリのLINEなどもあるので、それほど気にする必要はありません、仕事で電話をよく使う人は慎重に検討しましょう。

・スマホの購入

大手キャリアのiPhoneなどのスマートフォンには、SIMロックがかけられており、利用したいMVNOによっては、契約できない場合があるので、SIMフリースマホを購入するか、使用している携帯のSIMロックを解除する必要があります。大手キャリアで契約したスマホに格安SIMを使いたい場合には、大手キャリアの通信回線を利用しているMVNOと契約すると解決します。

おすすめ格安SIMスマホの選び方

格安SIMサービスを提供しているMVNO事業者は自社では通信回線を持っておらず、au、ソフトバンク、ドコモなど大手キャリアの通信回線を使っています。格安SIMの選び方はどこの端末なのかによって、利用できる通信回線が異なるので、選択できる、MVNOも変わってきます。では、端末別、おすすめ格安SIMの選び方を説明していきます。

ドコモ(docomo)

ほとんどの格安SIMのMVNOはドコモ通信回線を利用しているので、ドコモで契約したスマホやドコモの中古スマホはSIMロックを解除することなくそのままMVNOに乗り換えられます。ドコモ回線のMVNOはこちらになっています。
OCNモバイルONE
DTI SIM
楽天モバイル
FREETEL
NifMo(ニフモ)
イオンモバイル
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
mineo(マイネオ)のDプラン

ドコモ端末を利用した格安SIMスマホのおすすめは最大20,000円キャッシュバックがもらえるBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)です。月額900円~利用でき、スマホの電話番号も変わることなくSIMを入れ替えるだけですぐに使えます。BIGLOBEでは専用アプリをダウンロードするだけでスマホからの通話料が半額になるのでお得です。ドコモ端末をご利用でしたら、BIGLOBE SIMが断然お得なので、公式サイトを確かめてみてください。
【公式サイトビッグローブでWiMAXのキャンペーンをチェック


au

ドコモほどは格安SIMが利用できるMVNOはありませんが、その分、無制限で利用できる格安SIMや通信速度の速い格安SIMなどサービス面では、他のMVNOよりも優れています。

mineo(マイネオ)
UQ mobile(UQ モバイル)
IIJmio(みおふぉん)のAプラン

au端末を利用した格安SIMスマホのおすすめは、最大25,000円現金キャッシュバックがもらえるUQ mobile(UQ モバイル)です。全国エリア№1の高速通信が可能で、5分以内の無料通話とネットがコミコミで月額1,980円~利用できるUQ mobileはどこよりもお得な格安SIMです。au端末をご利用の方や他の端末からの乗り換えでも、今よりも確実にスマホ料金が安くなります。詳しくは公式サイトを確かめてみてください。
公式サイト【UQmobile】


SoftBank(ソフトバンク)

今までのソフトバンク端末は格安SIMが使えても、音声通話ができずデータ通信のみだったので、SIMフリースマホを購入して、格安SIMを利用する方法しかなかったのですが、最近b-mobileでデータ通信だけでなく音声通話も利用できるようになりまた。月額利用料2,450円~で5分間なら何度でもかけ放題、となっており、ソフトバンクのスマホを利用している人は格安SIMが発売されるのを待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか、詳しい情報は公式サイトからご覧ください。
【公式サイトb-mobile

SIMフリー

今、現在使用している端末で利用できるMVNOでは満足できない場合にはSIMフリースマホに変更することをおすすめします。SIMフリーのスマホであれば、すべてのMVNOに対応でき、より、あなたの理想とするプランを選択できるようになります。SIMフリースマホを利用するうえで使い勝手のいい格安SIMをいくつか紹介していきます。

無制限で使える格安SIM
無制限で利用可能、使い放題プランがある格安SIMはこちらになります。

U-mobile(Uモバイル)
DTI SIM
UQ mobile(UQ モバイル)

大容量プランの格安SIM
20GB~50GBの大容量プランが使えるMVNOはこちらになります。

イオンモバイル
DMM mobile
楽天モバイル
FREETEL
DTI SIM
b-mobile(ビーモバイル)

通信速度が早い格安SIM
高速インターネット可能な通信速度が良いと評判の格安SIMはこちらになります。

【UQmobile】(UQ モバイル)
LINEモバイル

SIMロック解除方法

キャリアごとにSIMロック解除の条件が異なります。

ドコモ(docomo)では、端末購入日から180日の経過が必要だったものが100日に短縮されており、端末料金を支払い完了でSIMロックが解除可能になっています。SIMロック解除にかかる手数料は無料もしくは3,240円となっており、利用している端末によって異なります。

auでは、SIMロック解除はWEB経由でお申込みであれば無料かauショップでのお申込みの場合には手数料3,240円で手続きをすることが可能になっているのですが、auは他MVNOでの動作が保証していないので、SIMロック解除後、他社の格安SIMを使用するのは自己責任となっています。他のキャリアと違うのは、本人が契約したものではない中古のauスマホでもSIMロック解除してもらえるので、簡単に格安SIMに乗り換えられます。

SoftBank(ソフトバンク)では他社と同様購入から6カ月経過していれば、SIMロックを解除してもらえます。会員ページの「My SoftBank」~の申込みであれば無料で店舗での申し込みは手数料が3,240円かかります。

以前は、SIMロックを解除してもらえず、SIMフリーのスマホを購入するか、公式ではないSIMロック解除サービスを利用するしか手段がなかったのですが、最近では大手キャリアがSIMロックを解除してくれるので、手軽に格安SIMに変更できています。

2年契約の縛りを乗り越える裏ワザ

SIMロックが解除できたとしても大手キャリアは2年縛りの契約があるので、格安SIMに乗り換える時には、高額な解約料金を支払う必要があります。解約料を支払ったとしても、格安スマホを利用すると直ぐに元は取れるのですが、なるべく、無駄にお金を支払いたくはないですよね。しかし、スマホを契約したままでは、月額利用料金が高いので、契約期間中の2年間をお得に使う裏技を紹介します。

3Gスマホに変更する

今発売されているスマホのほとんどが4GやLTEスマホなので定額パケット料金が高いのですが、以前発売されていた3Gスマホに戻すことで、3Gプランに変更でき、基本料金、定額パケット料金が安くなります。3Gスマホは古いので中古であれば、2,000円程度で購入できます。

スマホの契約をガラケーに変更する

もう一つの方法としては、スマホの契約ではなく、ガラケーの基本料金のみで契約する方法です。通話のみでインターネットの使用はできませんが、月額料金は1,000円程度に抑えられます。そして、今まで利用していたスマホは、Wi-Fi(ワイファイ)で利用する方がお得になります。最近は、WiMAXという持ち運び可能な無線ルーターがあり、スマホも自宅のPCもUQ WiMAX一つで高速インターネットが可能になっています。月額利用料金もスマホに比べると断然安く、さらに自宅の、ネット回線を契約する必要がないため、年間で15万円以上お得になります。詳しく下の記事に記載しているので興味がある方はご覧ください。

WiMAXワイマックス申し込みでネット回線とスマホ料金を月額1万円以上安くする驚きの方法とは?

まとめ

大手キャリアのスマホから格安SIMスマホに変更すると、たしかに使用料金は安くなり節約になりますが、一番安いだけの格安SIMを選んでしまうと、後々、通信速度が遅い、通話料金が高すぎるなどの不満が出る可能性もあります。2年縛り契約もなく、合わなければ簡単に契約、解約ができるので、直ぐに乗り換えてしまえば問題はありませんが、できることなら、最初に契約した格安SIMを使い続けたいものです。取り扱っている会社やプランもたくさん選択できるようになっているので、今使用しているスマホ端末がどこのMVNOと契約できるのかを確かめて、あなたに最適なプランで格安SIMを利用してみてください。

関連記事

エアペイ キャンペーン申し込み!手数料業界最安値

海外 挙式 相場 口コミ ふたり だけ 費用は意外と安い?アールイズ ウェディング 横浜!

ページ上部へ戻る